大庄公民館(尼崎市)に行ってきました!

先日、尼崎市の大庄公民館を見学してきました。

昭和13年に大庄村役場として建てられた村野藤吾の作品。

戦前のモダニズム建築を堪能させて頂き、担当者の方にJヘリ的ないつもの質問を(笑)

「開かずの間はないですか?」とお聞きしたところ、和室の押入に天井裏に入る梯子があるとのこと!

特別に入れて頂けることに!!

中はやたらと広い空間で大きな特徴はないように見えますが・・・

何やら廃材が山積みになっている一角が。

中から何と旧日本軍の集合写真とガスマスクを発見!!

帰社後に調べてみると・・・

旧日本軍の集合写真は桃山御陵(京都)の大階段で撮影したようです。

撮影時期・部隊・メンバー構成は今の所不明です。

ガスマスクは戦時中家庭向けに作られた防空防毒面防空用市民防毒面吸収缶圓用二号 甲号のようです。


尼崎は軍需拡大のため工業都市として発展した街でもあります。

戦時中は大阪・神戸とともに焼夷弾による空襲対象となっていました。

そのため、村役場には防災本部が置かれており、防毒面を備蓄していたのでしょうか。

 

大庄公民館は建築としての価値も高いですが、戦争の記憶を閉じ込めている貴重な遺産でした。

機会があれば足を運んでみてほしい場所です。